We use cookies to improve your experience on our website. By continuing to browse this website you are agreeing to our use of cookies. Find out more by reading Cookies OK

当地の魅力

ホアヒンは発見以来、次のような発展の経緯を経てきました。もともとは、見事な白い砂浜とビーチと、突き出た一連の岩場で知られる小さな漁村でした。ホアヒンは「岩の頭」を意味し、その穏やかな美しさが王家に知られることになりました。

第一次世界大戦後まもなく、サザン鉄道がマレーシア国境まで完成しました。1921 年にタイ国鉄のディレクター、プラチャトラPurachatra王子が、ホアヒンの魅力を認識され。ビーチの近くに鉄道ホテルを建てられました。プラチャティポックPrajadhipok王 (ラマ 6 世) はホアヒンをお気に入りになり、夏の宮殿を建てられました。この場所の静穏さから、この宮殿は、クライカンウォンKlai Kang Won(この世の悩みから、ほど遠い場所)とも呼ばれています。

その後すぐにバンコクの上流階級は、ホアヒンに注目し、ウォーターフロントに沿って豪華な住宅を建て始めました。その長い、自然のままのビーチは、サイアムの真のビーチリゾートとして知られ、ホアヒンでは、スイミングや釣りだけでなく、タイで最初の国際基準のゴルフコースを楽しむことができます。

今日では、ホアヒンの高級リゾートとしての歴史が語るように、当地では王家のエレガンスと静かで風光明媚な趣のブレンドをご堪能いただけます。

+

ホアヒンの魅力

ホアヒン周辺のご観光をご希望の場合には、当リゾートのコンシェルジュが地元の史跡、文化サイトへのご訪問をご案内させていただきます。

+

ホアヒンでのショッピング

ホアヒン地域の本物の製品は、この地域で生産されます。

+

リゾートの位置

当リゾートの地ホアヒンは歴史的に栄えてきました。この海辺の町は、長くタイ王室と国民のお気に入りの地として栄えてきました。

+

お墨付きのローカルイベント

ホアヒンは、様々なローカルおよび国際的なイベントの場所として有名になってきました。